« 2018年5月 | メイン

2018年6月

2018年6月15日 (金)

人気の青森ヒバ木っ端

青森ヒバは、住宅の家具、階段、壁や床材などに使用します。しかし、高価なため、常に使えるものではありません。

青森ヒバの切れ端やカンナ屑は、根強い人気があるのです。端材が出るのを楽しみに待っている方も多くいらっしゃいます。

無垢材は、端材であっても、喜んで使ってもらえます。最後まで捨てることなく生かせるのです。最終的には薪にすることも、土に還すこともできます。しかし、合板、集成材、新建材は、切れ端などは産業廃棄物にしかならず、燃やすことも土に還すことができません。

今、青森ヒバの木っ端は、当事務所または深呼吸する家体験館にあります。入浴剤、香り袋をプレゼント中ですので、ヒノキチオールの香りに癒されてください。

017b991b0887d10bfcbd357975f9d2816fc

2018年6月 7日 (木)

カビない浴室

【深呼吸する家体験館】
6月2日に朝霞市のゼットテクニカの元祖・体験館に久々にお邪魔しました。写真上ですが、体験館は築16年になりますが、相変わらず浴室のヒノキの壁と天井には、カビが全くありません。山本順三先生らしく、換気扇も塞ぎ、スイッチも押せない状態にしていました。

写真下は、山形のムクの木会の体験館の浴室です。入浴中ですが湯気が全然見えません。
一般に浴室は換気扇を回してもカビだらけになるのが普通です。
さて、透湿工法のスゴ技です。それが心地よさの秘訣です。

34483624_1668702629910363_176439434

34552676_1668702656577027_855232435

2018年6月 6日 (水)

人間の皮膚と住宅の外皮 2

皮膚は人間の内と外を分けるものであるが、内と外とは繋がっている。
もし、皮膚にビニールを張ったら、内と外は遮断され、皮膚は代謝できなくなり病気になる。
住宅の外皮(外壁、屋根、床)も、家の内と外を分けるものである。
呼吸する家の外皮は、内と外が繋がっている。
しかし、外皮にビニールなどが張られ、外と内とが遮断される住宅では、病気になるとも考えられる。仮説であるが。
皮膚の研究は、住宅の快適さの追求にもつながる。
【アレルギーと住宅を考える会】http://www.kenchiku.gr.jp/allergy.html

Photo

人間の皮膚と住宅の外皮1

つくば市の菊田建築さん、朝霞市のゼットテクニカさんにお邪魔しました。
呼吸する家体験館、やっぱり心地いいです。
鈴木先生も感動。そして、新たなヒントが?
人間が健康で快適でいられるのは皮膚のおかげです。
皮膚は、水分調整、体温調節、外部との刺激から守るなどの働きをしくれるからです。
皮膚は人間の外と内の境目ですが、外と内とは透湿し繋がっています。
住宅も健康で快適で暮らせるのは、外皮(外壁、屋根、床)の状況によります。
外皮が、水分調整、温度調節、外部の刺激から守ってくれると快適で健康で暮らせます。
外皮も、外と内の境目ですが、透湿し繋がっていることが健康の秘訣です。
ゼロ・アレルギー・ハウス(ZAH)の、基本は皮膚と同じバリア機能を持つことです。
アレルギーの経皮感作の勉強が住宅の外皮の研究に繋がりました。

【アレルギーと住宅を考える会】http://www.kenchiku.gr.jp/allergy.html

34319159_1664516320328994_439464706

2018年6月 3日 (日)

つくばの呼吸する家

つくば市の菊田建築さんの体験館にお邪魔しました。予想通り、空気がさわやかで気持ちいいです。心地よさは言葉では実感できないのが残念です。ぜひ、体感してみてください。

01bc04d355f4bc964bc47b604682bae37eb

01cfc4739a12f0c70d0c6322dedf49e3a36

01d338bfa3164a9ee18b1c61b06dbdfe26b