« 2019年1月 | メイン

2019年2月

2019年2月16日 (土)

建築物省エネ法

建築物省エネルギー法改正案が閣議決定。

延床300㎡以上の新築建物は、定められた省エネ性能基準に適合しなけらはならない。

今日、届出義務の書類を作成。重複する書類を大量に省いても、厚さ15㎜(一部)になる。

ゴミ箱には大量の紙。省エネを強制するなら紙資源の浪費も考えなきゃ、ザル法だ!

規制の強化は画一化を促し、もっと優れた住宅が生まれにくくなる。

枠の中で、ドングリの背比べが始まる。

創造性豊かな現場主義者には、逆にチャンス!

11cc1723e2fd48279532b6403d5bad0d

2019年2月11日 (月)

冷えは万病のもと

今朝の2階の室温17.2℃、湿度50%

1階は15.5℃、46%

住宅を毎日使用すれば家自体が温まり、室温が下がりにくい。

それでも湿度は50%程度で常に安定。

木や土は遠赤外線を吸収・放出しやすく、体の芯から温めてくれます。

76650fed18024fb58d58a91f89fbb034

5fb9040bce0f461992c0b1faeadce95e

健康管理士さん来館

健康管理士一般指導員の方が体験館に来館。

入った瞬間「おー、気持ちいい!」

「血行が良くなるし、免疫力高まる。

病気の人を連れてくる!」とのこと。

嬉しいような、微妙な感じ🤔

住宅が心身に大きな影響を与えています。

64f0244411d14cf3b71510598702d621

2019年2月 5日 (火)

五感は素直

玄関ドアを開けたとたん、「わぁ~」とため息が漏れる。
次の扉を開けると、深~く息を吸い込む。
ほとんどの方が空気の違いに気づき、すぐに反応します。
五感は素直です。

Img_0085_17

2019年2月 2日 (土)

命を救う漆喰

終末医療を施す南アフリカ共和国のホスピス。
末期がんやエイズウイルス(HIV)感染者など、余命の限られた患者が入所している。

関西ペイントがODAの支援事業として、ホスピスの内装に「漆喰塗料」を塗ってみた。
それ以降、住環境の変化を実感する声だけでなく、余命限りある患者の心身における改善など、様々な驚くべき効果について報告があった。
漆喰には、免疫力を高めたり、抗ウイルスなどの効果がある。

https://business.nikkei.com/atcl/report/15/110879/101700463/
(関西ペイントのホームページ、日経ビジネスより引用)

・深呼吸する家体験館の見学及び体験宿泊は、2月10日以降は空きがあります。

2019年2月 1日 (金)

聞くより体験!

寒い時期はリピーターが多い。ここに来ると体が変わる。
聞くより体感。
体験宿泊と見学、2月4日以降は空きがあります。
・深呼吸する家体験館 

50875251_2011167435663879_581961432